低回生研究室体験

2022年度の低回生研究室体験は受付を終了しました。

テーマ Programming Puzzles
概要 皆さん子供の頃に、迷路、数独、15パズルなどのパズルゲームで遊んだことがあると思います。本体験では、これらのパズルを解くプログラムを作成してもらいます。これを通じて、論理的思考力を鍛えると同時に、制約プログラミングと呼ばれる技術に触れてもらいます。
実施日時
2022年9月20日(火)13時~17時頃
実施場所 ローム記念館 1階
システムレベル設計方法論研究室2
募集人数
最大3名
対象 電子情報工学科 1~2回生
申込み方法 下記の期間内に、メールにて申し込んでください。
メールの件名(Subject)は「低回生研究室体験申込み」とし、
メールの本文に
・氏名
・学生証番号
・自己紹介(100~200文字程度)
を記載してください。
申込み期間 受付を終了しました
申込み先 pbl@tomiyama-lab.org

Frequently Asked Questions

Q:希望者が多い場合、どのように選考されますか?
A:原則として先着順です。ただし、申込みメールに不備がある場合は、この限りではありません。

Q:参加の可否はいつ分かりますか?
A:申込みメールの受信後、2日以内に返信します。

Q:当日、持参すべきものはありますか?
A:特にありません。必要な機材は当方で準備します。

Q:単位は出ますか?
A:正課外の活動ですので、単位を出すことはできません。

Q:プログラミングに自信がありません。
A:先輩が丁寧にサポートしますので、安心してください。